バスってどうやって止めるん?

学校も無事に終わり、その日の行事は全て終了。

朝来た道をそのまま戻り、家路につく。

一人でバスに乗るのは初めてだ。

私は今後のために、バスに表示される行き先をメモしながらバスに乗っていた。

迷わないためにね。

家に近づくに連れ、とある疑問が浮かぶ。

「STOP」表示はどうやって出すんだろう?

みんな普通に「STOP」の意思表示をしているけど。

家が近づく中、バス内部を見渡すが、「STOP」ボタンらしきものはない。

少し焦る。

えっ、マジでどれよ。

そうこうしているうちに、次のバスストップ表示に降りる場所が表示された。

降りなきゃ・・・

すると、誰かが「STOP」の意思表示をしてくれて、私は無事に降りることができた。

ラッキー!

あ〜、見慣れた景色!

これから今までの学校の間の移動が私の日常になるんですね。

日常にするためにも、明日こそはちゃんとボタンの押し方を学ぼう。

そう誓ったのでした。

家に帰るとホストマザーが庭にいたので結果報告。

「I’m home!」

するとホストマザーは、

「Oh,boy!」

とか言って迎えてくれた。

これが、私が学校初日に体験したことである。