1ヶ月と3日目

散歩中に見つけた綺麗な花たち。ピンクと白の組み合わせが最高に癒される。

 カナダはバンクーバーに降り立って1ヶ月と三日目。日本を飛び出した時、こんな1ヶ月後のことを想像することなんてできなかった。飛び立つ前の最大の悩みといえば「税関を無事に通り抜けることができるのか」というものであった。カナダに入国さえできればこっちのもんという心持ちだったのだ。

 今こうしてブログを更新できているのも、当時の私からすれば全く未知の領域の私であり、今の私というのは当時の私ではない新しい私になっているとも言える。学校の授業にはついていくのがやっとの状況で、英語が話せずにもどかしさを感じていたりする。ただ、今のこの状況というのは、日本にいるときにずーっと思い描いていた挑戦したいことの一つであり、ようやく歩み出せた一歩目の状況とも言える。

 日本にいるときは、毎日目の前のことをこなすだけの毎日で、頭の中に理想と呼べるものを抱いていてもなかなか一歩を踏み出せずにいた。自分では変われないもどかしさをネットサーフィンなどで昇華し、他人がもたらしてくれる情報などに触れることで満足するという観客的な人生を送っていた。自分の人生なのにどこか捻くれてて、変われない自分に呆れ果てて拗ねているような状態。そんな人生を30年ほど続けてきた。

 だからこうして、亀の歩みのように遅くても少しずつ変わりつつある自分を見るのが実は嬉しかったりする。今月末には31歳になるという事実が、時間の流れの残酷さを実感するに至る。しかし、このブログのテーマのように人生を変えるのに早い遅いは関係ないように思う。確かに私は自分の人生を歩む覚悟を持たぬために変わるタイミングが遅かった。でも、日本にいて海外に出る覚悟を持たぬままありきたりな毎日を続けていたとしたら、きっと永遠に変わることはなかっただろうと思う。それは断言できる。30歳というギリギリの決断でワーキングホリデーという選択を選んだこと、行動できたことは、本当に自分でも驚くほどに大胆なシフトチェンジであった。

日本に居続けていたら、このバンクーバーの景色も見ることはなかっただろう。

 誰しも新しいことにチャレンジすることに躊躇いがある。恐怖心と呼べるものがある。その薄い膜を乗り越えるだけの決断をするのに30年かかった。でも、乗り越えてみれば想像していた恐怖は存在しなかった。あったものといえば、ジャンプすれば乗り越えられるハードルばかり。そのハードルは若干高めに設定してあるのだが、全身全霊で取り組めばそんなに難しいものでもないようなのだ。出し惜しみさえしなければ乗り越えられるハードルばかりが目の前に延々と置かれている。

 何でこのようなことを書いているのかといえば、今は実感はないのだが重大な人生の転換期にあるという思いがあるからだ。毎日の何気ない取り組みが、このようなハードルの一つ一つだったりしている。面倒臭くて、どれもこれも投げ出してしまいたいようなものばかり。一気に解決する手段がもちろんあるはずもなく、ただただ淡々とこなしていくしかない。

Queen Elizabeth Park からの景色。Downtownを臨めました。

 私は今は誰かを救える力だとか、誰かを笑顔にする能力を持ち合わせているわけではない。そのような人様の役に立つ人物でありたいと毎日思ってはいるものの、現実にはそうなっていない。だけどもしも、このようなブログを通して少しでも誰かの一歩を後押しできればいいな、とは思ってる。だから毎日とはいかないまでも、ちょこちょこと更新していけたらいいなと思っている。

 自分だけが良ければ他人なんてどうでもいい、という人がいると思う。というかそういう人がいることを知っている。一人二人の話ではない。そりゃもう途方もなく大勢の人々がそんな価値観で生きていることを知っている。だがそれと同じくらいの人たちが誰かのため、社会のために奮闘していることも知っている。西郷隆盛のように「私」を捨てて「公」に生きている人もいるだろう。そういう人を私は本当に尊敬する。

 今の歩みがどのような未来へ続くかは、今の段階ではわからない。1ヶ月前の私が今の私を想像できなかったように。だから今は目の前のハードルを越えることに意識を集中していくつもりだ。もちろん大まかな青写真は持ち合わせているが、必ずしもその通りに行くとは限らない。というより、人生を通してその通りに上手くしてこれた試しがない。いつかどこかで軌道修正を求められる。だけどもうここに来たからには逃げたくない。今までのように敗残兵のようなプライドが枯れ果てた生活に戻りたくない。

 そんな哲学的なことを書き記しつつ、今日も今日とて、YouTubeを見ては時間を潰す・・・∑( ̄Д ̄;)

いかにもカナダっぽい家

ホームステイ先の家の作りは、いかにも北米っていう感じ。

テレビドラマとかで見るような、あんな感じ。

内装も基本白色です。

ダイニングルームを抜けると、そこに私の部屋がありました。

この張り紙は私が書いたものではありません。すでに壁に貼ってあったものです。
前に住んでいた方も日本人なのでしょう。素晴らしい心意気です。
でも・・・「間違がえるな」ではなく「間違えるな」ですね。

ここが我が部屋。

これから2ヶ月お世話になる部屋。

ようやく安心できる時間を過ごせそう。

故郷を出発してからずーっと気を張りっぱなし。

ようやくようやく一安心です。

いざ、留学地カナダへ


私は焦っていた。

海外なんて初めてだから。

液体を持ち込めないということも知らずに目薬を買ったり(あとで知ったが、機内に持ち込まなければOKらしい)したものだ。

機内には、7kgまでしか荷物を持ち込めないらしい。

ヤバイと思い、支度を整えたリュックを持ち上げてみる。

ヤバイ!

これは7kg超えているんじゃないか!?

一人パニックになる私。

それもそうだ、夜行バスに間に合うように出発しなければならない。

残された時間は1時間だ。

あと1時間で支度を整えなければならない。

「7kgって、なんだー!」

と、重さ加減がわからずにいると、子供の夏休みで実家に帰省していた姉から、飼い犬であるプードルを渡された。

「この子、6kg」

渡されて抱き上げると、なんだか軽い。

6kgって、こんなに軽いのか?

やっぱりリュックは7kgを超えているかもしれない…

「抱いているから重さが分かんないんじゃない?」

そう言われ、

「なるほど」

とリュックの中身を全て出し、プードルをリュックに入れて持ってみた。

「重いかも!」

そうして、7kgの壁を超えたのだった。