もう、ここは天国か…

そろそろお腹が空いてきたから、空港内をぐるぐる。

お腹をすかせながら「どれも高いなー」とか思いながら歩いていると、美味しそうなつけ麺屋を見つけた。

なんとっ!

かつて、そのつけ麺を食べるためだけに松戸へ行き、昼食を挟んで待ち続けた、あの「富田」ではないかっ!

松戸の街中をウロウロしたのはいい思い出ですよ…

そんな伝説のつけ麺屋が何故に成田空港に!?

私は…感動している…

まさかカナダに旅立つ前に大好きなつけ麺を、日本一のつけ麺屋で食べることができるとは…

もう、ここは天国か…

と思ったが、これから人生を始めようというのに「天に召されてたまるか」と一人思うのでした。

周囲には味方はいない…

「チェックインって、何…(震え声)」

まず、ご承知おきください。

私は海外が初めてなのである。

ヒコーキなんて、初めて乗るのである!

だから、こういうことが起こる。

「チェックインって、何……?」

エバー航空のチェックイン画面と睨み合う。

これは、”今”してもいいものなのか?

Just NOW!!

してもいいものなのか???

12:00頃の、いい具合の時間帯にするべきではないのか?

今することによって、全てが台無しになるような事態が起こることはないのだろうか…

助けになりそうな人が周囲を見回す。

どこぞの航空会社の綺麗に化粧したお姉さんがいるけれども、窓口対応に追われているし、何より並ばないといけない。

というよりも、わざわざ並んで、

「チェックインって何ですか??」

と尋ねるのも非常に恥ずかしい!!

周囲には味方はいない…

携帯解約しているから、ネットで調べられない。

(のちのち知るが、空港では無料でWifi飛んでます。この時点ではそのことを知りません)

「チェックイン 意味」

と。

どうするか。

私はよーく、見回してみた。

うん、ヒントはない。

よし、プリントアウトしてきたチケットを見てみよう。

チェックインとはなんたるか、記載されているかもしれない。

ダメだ。

記載されていない。

私は12:00になるまでチェックインを伸ばそうと思った、まさにその時だ。

「オンラインチェックインがオススメです」

見つけたぞ!

ヒントになる文言を!

「3時間前まで可能です」

ふむふむ。

みんなはオンラインでチェックインをしているらしい。

ということは、今私がここにいる時間よりも、ずっと前にチェックインしている輩がいるということね。アンダーストゥード。

よしよし、見えてきましたよ。

つまりは、私が今ここでチェックインしても、何ら問題は生じないはずだよね。

私は勇気を振り絞り、端末の画面をタッチする。

エバー航空の処理画面をタッチし、手続き画面へと進む。

御察しの通り、内心穏やかではない。

パスポート提示を求められた。

パスポート?!

何故ここでパスポートを、機械なんぞに見せねばならんのよ!

パスポート内容を機械に読み込まれでもして、詐欺に使われたらどうする??!!(錯乱)

というような抵抗が気持ち3秒程あった後、渋々リュックにしまっていたパスポートを取り出す。

指定の位置に同じように置けと言われて、その通りに置いたはずなのに、一向に読み取られない。

おいおい、早く読み込んでおくんなまし。

終いにはタイムオーバーしたのか、

「お手続きを終了しますか?」

というポップが現れる。

いやいやいや!

あんたの指示通りにパスポート見せとるやんけっ!

という怒りと不安が渦巻き、焦る。

もう一度かざすも、ダメ。

えっ、何で??

そこで、奥までパスポートを押し込んでスキャンさせると、ようやくOKとなる。

いやいやいや…

なんかもう画面のイラストと違う感じだったけど…

まぁいいや。

できた!

なんかもう一気に疲れたけど!

私、喋れないから留学するんですけど!

それで、スカイライナーに搭乗。

ようやく一息つける…

席に着くと、前席の背もたれにポケトークの広告が貼り付けてあった。

もちろん、私も持っているのである!

ふふーん、持ってるよ〜♪

私が留学に行くというと、

「俺も行きたい!」

という人がいたり、

「金貯めて、英会話教室に行ってから、自分も行きます!」

という人がいた。

「英語喋れんの?」

と心配する人もいた。

いやいやいやいや!!!

私、喋れないから留学するんですけど!!

「ハロー」しか言えないですけど!

思うのですが、みんな順番がおかしいと思います。

英語を話せる人しか、海外に行ってはいけないのですか?

準備が整ってからの行動は遅すぎるんです。

行動するから、理想の自分がやってくると思うんです。

理想の自分になってから行動しようとしたって、ね。

多分そんな日は、訪れないと思うんです。