少しだけ見えてきたこと

 バンクーバーに来てみて改めて想いを深めたことがあります。

 それはうまく言葉にする自信がないのですが、「一歩」を踏み出せない人たちの手助けをしたいという想いです。

 何を隠そう私自身がその「一歩」を踏み出すのにとても苦労した一人であります。人生と広く括ってしまうのも大袈裟かもしれません。それでも人生という言葉を使って言えば、それを変えるのは本当に本当に大変です。

 例えば会社に勤めて色んな国に行ける人がいるとします。当然その人自身は高校時代や大学時代に自分自身を高め続けてその地位に辿り着き、その果実を手にしているところだと思います。また、法律を勉強して弁護士や検事、裁判官になった人たちも同様に相当な苦労をされてそこまで辿り着いたのだと思います。またある人は医者になるべく勉強に精を出し、その立場にいるのだと思います。

 あらゆる人たちは何かしらの職業に就いています。どんな職業も社会にとって不可欠な仕事であり、どれも尊いものです。どれが良い、悪いとかではなく、どれも社会にとって必要不可欠なものばかりです。

 さて、そんな尊い職業に就いた人たちのなかには、己を振り返った時に、歩んできた道とは違う道へ進もうとする時がきたりします。現状に満足していたり、夢である道に進んでいる人にはおそらく訪れないであろう瞬間です。自分の適性と違うと思ったり、または運良くやりたいことが見つかったり、はたまた職場の環境に嫌気がさして転職を決意したりする人もいるでしょう。

 何を隠そう、私もそうなのですから。実を言うと何度も何度も環境を変えてきました。ええ、そりゃもう納得のいくまで。

 色んな国に行ける人が地の果てまで飛んでいけることというのは、実を言えばそれほど大変なことだとは思っておりません。なぜなら、飛行機は毎日定刻通りに出発していますし、会社の方から行けと言われたら誰だって行くものだと思っているからです。そこに私情を挟む余地はありません。もちろんですが、これらのことを否定しているわけではありませんので、怒らないでくださいね! 会社に課せられたノルマや目標達成のために精神的に疲弊している人がいることも知っていますので、あくまで意見の例として書かせていただいております。

 ところが、自分自身の人生を変えようと思った時、会社は協力してくれません。それどころか、辞めないでくれと説得されることでしょう。時には嫌味を言われることもあるかもしれません。その前に「辞める」と「決心」するには、自分で自分の気持ちに向き合わないと決断できないものです。明確に「辞める」と決心し、上司にその旨を伝えるのは、それはそれは大変エネルギーを使うものです。ええ、私は何度も経験ありますから、その気持ちがよーくわかります。その方法は本屋に行って見つかるものではありませんし、ましてやネット上のどこにもありません。なぜなら、根本原因は自分自身の中にしかないからです。

 バンクーバーにいると、ふとこんな問いをしてしまうものです。「何のために私はここにいるのか」と。答えは二つあります。

一つは「自分の人生を根本的に変えるため」であり、

二つ目は「これらの経験を社会、人様に還元すること」であります。

 カッコつけ過ぎてて、聴く人が聞いたら鳥肌ものでしょう。でも私は結構マジでこんな中二病的なことを思ってたりします。私は自分の幸福というものにさほど興味がないのです。これは人から理解されないことなので、リアルの世界では絶対に口に出さないことなのですが、私の心の持ちようとして、

「公」>「私」

に重点を置いていたりします。故に、今までの人生の選択も、自分を高めることは必ず社会に還元できることであるか、を意識して選択してきました。そして選択してきて思ったことは、どれもこれも最終的には社会に還元されていくということです。どんな些細な仕事も、会社なりそれを必要とする人を通して社会に還元されてゆきます。それが仕事ってもんです。

 ですから、私のここでの経験が、誰か人様の役に立てれば良いなと思っています。そしてここで学んだことは必ず日本に持ち帰って、何かしら還元していきたいと思っております。

 なんでこんなことを言ったかと言えば、私が今一番できることとして「一歩」を踏み出す人たちに勇気を与えることをやるべきなのではないか、と思い立ったからです。「いつかは」と思いながら行動しても、結局その「いつかは」は永遠にやってこないことは、私の今までの人生で経験済みです。ですから、せっかくこのようなブログ媒体を作成しましたので、この場で何かできたらいいなと思っております。

投稿者: yasu

カナダへ英語留学すると決めた30歳です! 人生を根本から変えたくて、一度日本から出てみようと思いました。 初めての海外生活で戸惑う毎日ですが、少しでも海外留学を考えている方々の判断材料になりましたら幸いです。 感想コメント大歓迎です! なるべく返信しますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す