多文化ならではの雰囲気

🌙

夏のバンクーバーは日が長いです。

日の入りが9時近くらしいので、21時になろうかという時刻でも日本で言うところの18時台の明るさです。

夜9時近くの景色。明るいです。

こりゃ人々も活動的になりますよね。

やっぱり空が広いですねー。

空気が湿ってないのでカラッとしてます。

☀️

翌日。

バスの乗り方にも慣れてくると、少しだけ気持ちに余裕というものがでてきます。

授業内容も難しすぎるということはなく、先生の言っていることも理解できます。

しかし、中学校で習ったような内容で「勉強」した気になっているということは、どれだけ過去の知識が頭に入っていないのか、と少し反省させられますね。

中学校の時、高校の時に少しでも英語に対して積極的になっていれば、また違った未来もあったのかなと思います。

しかし、今は今、過去は過去ということで、無用な考えは無駄というものですよね。

歴史に「if」がないように、現実にも「if」はありません。

成功体験も少なく充実した人生ではありませんでしたが、これからの人生を充実したものにしていきたいとは思っております。

授業が終わると、学校近くを散歩。

広場を見つけました。

ベンチに腰掛けて道ゆく人々を見ていると、自分も現地に溶け込んでいるのかな、という気持ちになりました。

といいますか、現地には日本人がたくさんいます! もちろん韓国人、中国人も多いですけれど。

日本人が街中を歩いていてもジロジロ見られることはありません。

この何気無い経験は、多文化ならではの雰囲気だと思います。

流石はあらゆる人々の混じり合うカナダですね。

日本では外国人が街中を歩くと物珍しさから見てしまうじゃないですか。

それらの視線がないので、ものすごく気が楽です。

日本のようなほぼ単一人種国家の在り方も、規律や文化を保つ面で有益な社会だと思います。

一方でカナダやアメリカのように、多人種国家のもつ大らかで何でも受け入れるような雰囲気も、それはそれで魅力的な社会であるように思います。

人生で初めての多文化共生社会を経験し、日本しか知らない者にとってさぞ住み辛いだろうなと思っておりましたが、なるほどどうして生きやすい社会だなと思っておる今日この頃です。

投稿者: yasu

カナダへ英語留学すると決めた30歳です! 人生を根本から変えたくて、一度日本から出てみようと思いました。 初めての海外生活で戸惑う毎日ですが、少しでも海外留学を考えている方々の判断材料になりましたら幸いです。 感想コメント大歓迎です! なるべく返信しますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す