学校発見!

バス停から降りると、ホストマザーに連れられストリートを歩き回ります。

ホストマザーはおおよその場所が分かっているらしく、私はおとなしくその後をついて歩きます。

すると、ようやく学校が見つかりました!

あ〜、ようやく着いた!

最大の難問であろう、学校を探しが無事に終わりました!

私はホストマザーに、

「あなたの家にホームステイすることができて良かった。本当にあなたに感謝している」

というニュアンスのカタコト英語で感謝を述べると、ホストマザーは大喜び。

するとホストマザーは何と学校内へ一緒に行くと言いだし、受付まで一緒に来た。

そして受付の人に英語で何やら私について語っている。

どうやら、帰り道がわからなくなったときのために、受付の人に私の帰り方を教えてくれていたみたい。

いい人過ぎるだろ、ホストマザー!

「勉強頑張ってね」

と言い残し、ホストマザーは帰って行きました。

受付の人にカタコトで挨拶すると、

「上の階の、奥で待ってて」

という指示を受ける。

その奥の部屋に行ってみると、数人私と同じような入学生が談笑していた。

私は空いている席に座る。

机を挟んだ向かい側には、何やらイヤホンを耳にはめて映画を見ているらしい男の子がいた。

「Hi!」

と声をかけると、

「Hi!」

と声を返された。

ものすごい大人しそうな男の子だ。

名前を言い合った後出身地を聞くと、どうやらメキシコ出身らしい。

そして何より気になったのが、胸にぶら下げているアクセサリーだ。ネックレスと言うべきなのかな?

どう見ても、ゼルダの伝説の、盾の模様である。

日本のゲームが好きなの? と聞くと、どうやら好きらしい。

やっぱり凄いんだね。日本のコンテンツって。

カナダはバンクーバーに来て初めて実感しました。

投稿者: yasu

カナダへ英語留学すると決めた30歳です! 人生を根本から変えたくて、一度日本から出てみようと思いました。 初めての海外生活で戸惑う毎日ですが、少しでも海外留学を考えている方々の判断材料になりましたら幸いです。 感想コメント大歓迎です! なるべく返信しますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す