カナダ文化の面白いところ

 私の趣味は散歩です。これ以上に続いている趣味はありません。別に運動しようと思ってしているわけではないんですけどね。歩きたいから歩いている。ただそれだけです。横浜に住んでいるときは1日に20kmとか歩く日もあったので、こちらに来てようやく生活に慣れたためか、歩きを再開いたしました。

 よく散歩する場所として「Riley Park」という公園周辺を歩いています。「Queen Elizabeth Park」の近くにある公園です。その周辺には野球場もありますし、広場もありますし、大きな施設内にはスイミングプールもありますし、アイスホッケー場もあります。人々が運動するには最高の環境があるんですね。で、私はその周辺の道をよく散歩しているのですが、ガチョウが集団で行動しているのを度々目撃するんですよね。しかもこのガチョウ、一切逃げません。カナダの人々が優しいからでしょうか、かなり接近しても全然動揺しません。肝っ玉が据わっているというか、本当に自然界でやっていけるの? レベルで逃げないんですよね。

カナダで目撃するガチョウ。集団で芝生を食んでいるため、ミチミチと草の引き抜かれる音が響いてきます。

 隣で人々がサッカーを興じていても、お構いなく草を食んでいるその姿から察するに、バンクーバーでは誰も鳥に対して威嚇とかしないんでしょうね。カラスも鳩も逃げませんし。こういうところからもバンクーバーの人々の為人が分かるので面白いです。カナダ文化を感じる風景です。

野生生物はこんな感じです▷http://relife1988.com/wp-content/uploads/2019/08/IMG_6226.m4v

 今日散歩がてら施設内部を訪れてみると、アイスホッケーの試合が行われておりました。カナダではアイスホッケーが盛んだと聞いていたので、生で試合を観れたのは嬉しかったです。日本ではあまり馴染みがなかったのですが、こちらの人々は本当にホッケーが好きみたいです。観戦中もみんな楽しそうに観ていましたし、見ず知らずの人々でも楽しそうに話しながら見てました。ホッケーを観ながら思ったのは、スポーツというのは人と人を繋ぐには最高のコミュニケーションになりうることなんだなということです。野球にしろサッカーにしろラグビーにしろ、それぞれのファンが交流することで分かり合えることもあるんじゃないでしょうか。世界平和だとか崇高なことを言わなくても、ただただスポーツを観戦していれば平和でわかりあえる世界が作られるのではないだろうか、とまた漠然としたことを思ってました。

 ちょっと興味が湧いてきたので調べてみたら、カナダはアイスホッケーで世界ランキング1位なんですね! めっちゃ強いじゃないですか!

 で、我が日本はというと、23位。これから盛り上がってくるスポーツというわけですね。ラグビーみたいにミラクルが起これば日本でも爆発的に人気が出そうと思ってます。観戦していて面白かったですし。

 ですが、現在のアイスホッケー界は厳しいみたいですね。カーリング人気でスポンサーはそちらに流れてるみたいで、存亡の危機にあるみたいです。というか日本で3チームしかないんですね・・・。雪国の地域に根付く貴重なスポーツだと思うので、北海道や日本海側の地域も積極的に誘致してもいいような気もします。カーリングのようにミラクルが起きるかもしれません。その延長線上に自治体側はバンクーバーと姉妹都市結んで人的交流を促せば、産業界にもイノベーションが生まれるかもしれませんし。

 今日思ったことは、アイスホッケーは日本では起爆剤になりうる。完全に主観でしかありませんが、スポーツは何が起きるのかわからない底力がありますから、あながち的外れな意見でもないような気がします。カナダ文化から日本が学べることは本当にたくさんあるので、少しずつでも発信していければと思います。