人それぞれに夢がある

カナダに来てから1ヶ月は気持ちに余裕がありませんでした。日本ではないバンクーバーの生活に慣れないといけない、という気持ちが強かったからです。

毎日が英語の勉強で、学校が終わったらすぐに家に帰ってまた勉強、みたいな日々を送っていました。

ところがここ一、二週間は、それらの日々に対する反動が沸き起こっています。

まず一つ挙げられることは、英語環境から逃避するような行動を取るようになったことです。英語がわからないというストレスもあってか、気軽に情報を仕入れられる日本語に触れる機会がぐんと増えました。ネットに繋げば日本語に触れ、休みの日となればYouTubeで日本の面白いコンテンツを眺める始末。気晴らしの音楽だって全部日本のアーティストです。それが悪い事ではありませんが、英語を学びにバンクーバーまで来たのに、日本にいる時と同じようなルーティンに戻っている事に悔しさを覚えるのです。

なんか気負っていた反動が大きすぎて、英語を勉強する気にならないような毎日を送っていました。

それでも当然バンクーバーという街そのものが英語環境ですから、道ゆく人々は当然英語を話しています。

もう少し気負わずに取り組んでいこうかなと思っている次第です。

こちらでできた日本の友達とバーに行ったり、

パブに行ったりしました。やはり人間、気晴らしって必要なんですね!

というよりも英語を学ぶ最大の理由が人と人とのコミュニケーションなんですから、もっと街で人と話すべきだとは思っています。

ですけど、私はシャイな性分なので、なかなか話しかけることもできませんし、躊躇いの日々です・・・。

学校でできた韓国人の友達は、私と同じ1988年生まれ。

やはり同い年というのは特別な繋がりを感じるもので、彼とは学校終わりにラーメンを食べに行く仲です。

そんな彼の夢というのがこれまた大きくてパイロットなんだそうです。

日本でパイロットというと物凄く敷居の高い職業ですが、ここバンクーバーではお金さえ払えば誰でも学べるような気軽さがあるようです。特にバンクーバーはパイロット養成のレベルが世界的に高いらしく、世界中からパイロット志望者が集まります。彼もまたその中の一人というわけです。

すごいですよね。彼もまた31歳からパイロットという夢を現実のものとするべく、毎日学校に通って英語を勉強しているのです。

バンクーバーに来て思ったことは、人それぞれバックグラウンドは違えど、人生を変えたいと本気になっている人が多いということです。特に20代後半から30代の人に多いですね。

当然15歳とかすごく若い人も学びに来ています。私の年齢の半分の子たちですよ・・・。しかも私よりもクラスが上だったりします・・・。そんな彼らの柔軟な頭脳が率直に羨ましい・・・。

いろんな人が集まる街がバンクーバーという街であり、そんな人たちがバンクーバーという文化を創っています。

私もそのうちの一人として、前向きに生きてゆこうと思います!

縦列駐車なんて忘れました

ホームステイ先へ向かう道中、ストリートやダウンタウンの説明を簡単にレクチャーされた。率直に思うのは、誰かに住所を教える時すごく簡単だ、ということ。日本だと番地じゃないですか。番地で言われても結局どの家のことか、ぱっと見わからないことが多いですよね。

カナダの場合(おそらくアメリカも)、何とかストリートの何番通りの何軒目、みたいな感じなので、すごくわかりやすいです。家の前に番号の書いてある表札が付いているので、すぐにわかります。

これは日本では無理でしょうね。

なんせ「道」「住宅街」のつくりを根本的に変えなければいけないでしょうし、もちろん、「余裕のある国土」が必要になりますから。バンクーバーは都会ですが、ものすごく街のつくりに余裕があります。道は広いし、間隔も広い。

うん、羨ましい限り。

縦列駐車を初めて見ました。日本では滅多に見ませんよね(田舎者なので、都会事情をよく知りません。東京や大阪とかでは縦列駐車ありますか?)?

教習所で縦列駐車を学んでから12年。

もう忘れてますよ。

どうやって縦列駐車するんだっけ?

なんかミラーと後方車のどこかを合わせるようなことをしたような・・・

まあ、いいでしょう。

今後の人生において、縦列駐車をしない自信がある!

このように、縦列駐車しても余裕のある街並みなんですね。

広いですね。

日本のギチギチしてゴチャゴチャしてても整然と綺麗な街並みも好きですけどね。

隣の芝生は青いというやつですね。

新たな人生の幕開け

搭乗手続きも終わり、あとは10時間以上のロングフライトを待つだけ。

私は10時間後にはカナダにいる・・・

そう思うと、何だか非常に寂しい思いが去来する。

なぜ寂しいのかは、分からない。

楽しみの気持ちも1%くらいはあるのだが、それでも寂しさを覚えた。

これから新しい人生が幕開けるのだ。

きっと、心にはいろんな想いが去来しているのだろう。

周りを見渡すと、”カナダ人”らしき人がたくさんいる。

それこそアングロ系の方であったり、中華系の方であったり。

カナダ人って、やっぱり白人が多いのかな、と思いつつも、早速異国を感じている。なにせ、これが人生で初めての海外である。若干の心細さがある。

搭乗のアナウンスが流れた。

いよいよ飛行機に乗り込む。